本文へ移動

お急ぎの方はこちら

こちらのページでは、お葬儀が初めての方に、弊社のお葬儀の流れを紹介致しております。
より詳しく知りたい方もどうぞご参考にしていただき、お葬式準備にお役立ていただければ幸いです。
病院で逝去、仏式でご葬儀の場合

ご臨終を迎えたら

1:ご家族とオームラに連絡

まず、オームラにご連絡していただき、故人様をご自宅に連れて帰ってあげる準備をしましょう。その際にお迎えに行くための必要事項をお聞きいたしますので、看護師の方に時間や場所を確認してください。ご臨終に立ち会えなかったご家族にも連絡を入れます。

2:死亡診断書の手配

病院または自宅療養中にお亡くなりになった場合は、主治医に死亡診断書を書いていただきます。葬儀後の手続きにも必要になる場合もあります。

3:ご自宅へ

指定の場所・時間に当社係員がお迎えにうかがい、故人様をご自宅にお連れします。
ご自宅にお連れできない場合は、式場に直接入ることも可能です。ご自宅に着きましたら、お布団の場所を決め、故人様を寝かせて差し上げます。
枕飾りの設置を行い、お参りする準備を整えます。お布団は当社でもご用意できます。

4:お通夜・ご葬儀日程のお打ち合わせ

下記の状況をふまえつつ、当社と相談しながらご葬儀の仮の日程を決めます。
 
●お寺様のご都合 (死亡の連絡と枕経のご依頼をする際にご確認ください)
●火葬場の空き状況
●遠方にお住まいの参列予定者の都合
●霊柩車や式場の空き状況
●その他の事情 など 

5:枕経

お寺様に来ていただき、故人様に「枕経」を頂きます。枕経の後、お寺様に故人の戒名(法名)をお願いし、白木の位牌に戒名を書いていただいたものを通夜までに用意します。

6:ご親戚・知人・ご近所・勤務先等への連絡

通夜・葬儀の日時が決まったら、ご親戚や親しかった人、自治会、職場など、関係者への連絡を行います。
勤務先には上司に連絡を入れます。
受付やお手伝いをお願いする方には、この時にお願いしましょう。その場では落ち着いて連絡先が考えられないこともあります。
もしもの時のために、あらかじめ連絡リストを作っておくといいでしょう。

7:お通夜・ご葬儀内容のお打ち合わせ

記の内容について、ご遺族様と当社で打ち合わせを行います。
その際、故人様のお写真をお預かりしますのでご準備ください。
 
●祭壇について
●会葬礼状、香典返し
●お供え(花輪、供花、盛物)
●お料理について
●引出物について
●車両関係について など
●礼服・喪服の確認(貸衣裳・着付けの手配も承ります)
ご葬儀の内容に関しては、故人様やご遺族様の意思を最大限に取り入れさせていただきますので、遠慮なくお気持ちをお聞かせください。

8:火葬許可書の手配

火葬の際に必要になる「火葬許可証」を手配します。
お亡くなりになってから7日以内に、市町村役場の戸籍課へ死亡診断書を添えて死亡届を提出し、許可証を受領します。(日曜・祝日も可)手続きはすべて当社が代行して行います。

9:湯かんの儀・納棺の儀

湯かんの場合、故人様のお体を専用のお風呂できれいにして差し上げます。
ご遺族様には、気持ちのいいお風呂できれいになる姿を見守っていただければと思います。その後、故人様の身支度を整えてお柩に移します。
TOPへ戻る