本文へ移動

葬儀後の流れ

葬儀後から忌明け(四十九日)まで

初七日法要【葬儀当日に行うのが一般化しています】

特に難しいしきたりはなく、ご遺骨とご遺影白木のご位牌をお祀りし、読経を行います。最近では火葬後の精進おとしの後に、お寺で納骨と一緒に行う場合が多くなっています。

忌明け(四十九)法要【早めに日程を決めて準備をしましょう】

常亡くなってから四十九日で忌明けとなり、それまでの間は後飾りの祭壇に花やお灯明、線香などを供えてご遺族でおまいりをします。三十五日で忌明けとすることもあります。
忌明けの法要は四十九日(または三十五日)目にこだわることはなく、参列者の都合を考慮してなるべく近い日に行うようにします。
お寺様のご都合を聞いた上で、2~3週間前までには日時・場所を決めて、参列者の出欠を取るようにしましょう。
下記の準備・手配に関しましては、当社ですべてご用意させていただきますと共に法要専用の式場もございますので、いつでもご相談ください。
また、忌明け後に葬儀の時にお世話になった方、お供えや弔電、お悔やみ状などをいただいた方にはお礼状と引出物を持って挨拶に回り、遠方の方には電話でお礼を述べ、宅配便等で送ります。
 
■案内状 ■お礼状 ■お料理について ■引出物について ■法要式場について

納骨の時期

忌明け(四十九日)後に納骨します。

福井県ではご遺骨を分骨する場合もあります。納骨の際に火葬埋葬許可証が必要になる場合もあるので、大切に保管しておいてください。
※精進おとしの後に、納骨に行く場合もあります。

忌明け以降の年忌法要

故人をしのぶ会でもあり、交流の場でもあります。

亡くなった翌年に一周忌、その翌年(2年後)に三回忌を行います。
その後、七回忌十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌と続きます。
 
年忌法要も祥月命日に近い、日曜、祭日や他のご先祖様の年忌法要と合わせて行われることも多いようです。年忌法要は仏の教えをいただき、故人様をご供養すると同時に、集まった方々で亡き人をしのぶ場でもあります。
 
故人様に縁の方々で在りし日の思い出などを語り合い、交流を深めてください。
※宗派によって異なる場合があります。

葬儀後の挨拶・お返し

挨拶周り【葬儀でお世話になった方には、ご遺族がお礼に伺うようにしましょう。】

葬儀後の挨拶回りは、葬儀翌日から遅くとも初七日までの間に済ませたいものです。
伺う服装は、男性の場合礼服女性の場合はブラックフォーマル、または地味な平服で訪問するといいでしょう。
訪問時はお礼の品を持って回ります。
場合によっては名刺を持って回ることがありますので、その際は当社でご用意を承ります。
お世話になった方が遠方の場合は、電話や手紙でお礼の気持ちを伝えるようにしましょう。
お礼の挨拶に回っておくといい方々
●葬儀でお世話になった方々
葬儀委員長・弔辞をくださった方・世話役
お寺様  
駐車場や設備、備品等をお借りした方
葬儀のお手伝いをしてくださった方
ご近所の方々
 
●故人様に縁のあった方々
葬儀の来賓
故人様の勤務先の方
故人様と親しかった方
 
●ご遺族様に縁のあった方々
ご遺族様の勤務先の方
ご遺族様と親しかった方
 
●亡くなる直前にお世話になった方々
病院関係の方
入居施設の方
デイサービスでお世話になった方

葬儀後に出す死亡通知【葬儀の連絡ができなかった方には・・・・】

葬儀のことを伝えられなかった方には、後日お知らせします。
くれぐれも連絡もれがないよう、住所録や年賀状などをチェックして、交友のあった方に通知をしましょう。
手書きの場合は黒や薄墨のインクを使い、青インクなどは使わないように心がけます。
また、文章の内容も忌み言葉を避けるようにしてください。
 
<忌み言葉>
「返す返す」「たびたび」「くれぐれも」などの重ね言葉
「重ねて」「続いて」「追って」などの不幸の連続を想像させる言葉
「迷う」「「浮かばれない」などの成仏できないイメージを与える言葉

香典返し【香典金額の多かった方には忌明け後に別途お返しすることも】

福井県では、通夜や葬儀の時に香典をいただくと同時に香典返しを渡す「即返し」が一般的です。
しかし、過分な香典をいただいた場合や故人との関係によっては、特別の配慮をする場合もあります。
あくまでも喪家から先方への感謝の気持ちとして行うことで、しきたりや慣習があるわけではありませんが、改めて香典返しをする場合はしばらく気を落ち着かせてから、忌明けの報告の際に行います。
お返しはいただいた香典の1/2~1/5を目安に、お礼状を添えて贈りましょう。

葬儀後の手続き

葬儀後もご遺族には、片付けるべき諸手続きが多数待っています。
うっかり手続き忘れをしないよう、必要事項をリストアップしました。
□ 生命保険の受取り手続き
□ 所有権移転登記・登録
□ 国民年金(遺族基礎、寡婦、死亡一時金)の受取りのための裁定請求
□ 相続税の申告
□ 労災による死亡の遺族補償年金一時金の受取り手続き
□ 借地・借家の契約
□ 銀行預金、郵便貯金の引き出しと相続手続き
□ 株式、社債、国債、会員権の名義変更
□ 埋葬料または葬祭費の受取り手続き
□ 貸付金、借入金の権利移転、債務継承通知手続き
□ 医療費控除による税金の還付手続き
□ 自動車税の納税義務消滅の申告
□ 雇用保険の資格喪失届
□ NHK、電気、ガス、水道等の引落口座変更
□ 故人の所得税の確定申告
□ 運転免許証、各種免許証等の返却
□ 納骨時の埋葬許可書(火葬許可書)
□ バッジ、身分証明書、無料バス証等の返却
□ 遺産分割協議書の作成
□ 電話加入権の継承手続き
□ 遺産放棄の手続き(1年以内)
□ 非課税貯蓄の死亡申告
□ 扶養控除異動申告
□ 特許、商号、商標意匠権等の相続手続き
□ クレジットカードの失効手続き

形見分け

故人様の愛用品を大切に使ってくれる方にお譲りします。

故人様の遺品を譲ってほしいという希望があった場合、ご遺族と相談して形見分けを行います。故人様の着物や帯を数珠入れやバッグに作り直すなど、リフォームして使うのもいいでしょう。
 処分にお困りの遺品がありましたら、気軽に当社にご相談ください。お経をあげてご供養した後に、大切に片づけさせていただきます。
TOPへ戻る