本文へ移動

お線香について

お線香の手順

式場でのお焼香は立礼で行うのが主流です。

【手順1】
導師と喪主・ご遺族に一礼し、次の方に会釈して祭壇の前に進み出ます。
【手順2】
祭壇の遺影をゆっくりと見つめて一礼をします。
  ■一般的なお焼香
【手順3:一般的なお焼香】
右手の指3本で抹香をつまみ、目の高さ位まで揚げてから香炉に落とします。
  ■浄土真宗のお焼香
【手順3:浄土真宗のお焼香】
福井県に多い浄土真宗では、抹香を揚げずにそのまま香炉に落とします。
【手順4】
合掌しておまいりします。一歩下がり、もう一度遺影に一礼してから席に戻ります。

補足

抹香をいただく回数は、浄土真宗本願寺派は1回真宗大谷派は2回、など宗派によって異なります。
故人様の宗派とご自身の宗派とどちらに合わせるか悩む方も多いようですが、特に拘る必要はございません。
作法よりも冥福をお祈りする気持ちを大事にしてください。

お線香の意味

芳香で心を和らげ、心身を清めます

お焼香は仏が住む浄土の香りが漂うさまを人の世にあらわすものとされ、仏教伝来とほぼ同時に日本に伝えられました。
香は人の気持を快くすると同時に、心身を清め、仏の慈悲をたたえる意味も含んでいます。仏教だけでなく、カトリック教の葬儀でも前夜祭などで使われているようです。

お線香の順番

喪主・ご遺族・来賓・親族は指名焼香となります。

喪主を筆頭に、ご遺族、ご親族と故人様と縁の濃い順に焼香を行います。
血縁者以外でも世話役代表や親しい方、会社関係者は指名されることが多いようです。
お焼香は指名を受けた方から順番に行います。
一般の参列者は指名焼香の後に前列から順番にお焼香に行ってください。 

お数珠のかけかた

お数珠をかけることで故人への功徳になります。

お数珠はお経やお題目を唱える回数を数えるための仏具でしたが、持つだけで功徳があるとされるため、法要や仏様の礼拝時にも使われています。
お数珠は108の煩悩を打ち消す意味で108珠とされています。現在は略式化したものが多く、片手数珠もあります。お数珠は左手に持ちます。
れは左手が仏の清浄な世界をあらわすものだとされているためです。
TOPへ戻る