本文へ移動

葬儀に参列する

1:香典の用意

表書きは「御香典」と書くのが無難です。
通夜・葬儀どちらも出席する場合は、通夜の時に香典を持参します。通夜で香典を渡した方は、葬儀はそのまま会場にお入りいただいて結構です。福井では受付の際に記帳をすることはほとんどなく、受付の方が後でまとめて香典帳に記入します。
 
 包みの表書きは仏式の場合「御霊前」「御香典」神式「御玉串料」「御榊料」キリスト教式なら「御花料」と書きます。
相手の宗教や宗派が分からない場合は「御香典」とすれば問題ありません。
香典を持参する場合はふくさに包んでお持ちください。
 

2:花輪・供物の手配

事前にご遺族に贈る意思を伝えてから用意を。
事前にご遺族に確認してから何を贈るか決めるといいでしょう。
お供えや花輪はなるべく通夜当日の午前中に手配をして、開式に間に合うようにしてください。
当社にご連絡いただければ、必要な花輪・供花・盛物の手配を承ります。

3:弔問・会葬に適した服装

男性は黒の礼服、女性はブラックフォーマルを着用。
葬儀に参加する際の服装は、男性の場合であれば黒の礼服、女性は光沢のない生地の黒のスーツやアンサンブルが適しています。男性は白のシャツ黒のネクタイ、女性はスーツのインナーストッキングも黒で統一します。 
 
通夜の場合、訃報を聞いて取り急ぎ弔問にうかがうこともあります。その際、どうしても礼服を取りに帰る時間がなければ、そのままの服装で行っても構いません。
ただし、結婚指輪や真珠以外のアクセサリーは外し、化粧も控えめにした方がいいでしょう。

4:参列したいけど、どうしても行けない時

参列出来ない場合は、弔電などで、お悔やみの気持ちを伝えます。
通夜や葬儀の間は、ご遺族は悲しいばかりか大変忙しいものです。おくやみの気持ちを丁寧に伝えるのなら、電話よりも弔電が好ましいでしょう。
宛名は名前を知っているご遺族、または「○○様御遺族」とします。
郵便局やNTTなどで取扱をしております。
※香典を送る場合は、郵便局で現金書留をご利用下さい。 
 
 
 
TOPへ戻る